フィリピン英語留学は2009年頃から日本の留学マーケットに参入し、今、最も注目され人気を集めています。マンツーマンレッスン主体で会話重視の授業であるため、高い費用対効果が期待でき、コミュニケーションの苦手な日本人には最適な留学先とも言えます。
またTOEIC対策、ビジネス英語対策など、そのバリエーションも様々であり、国際人になるためのステップアップにも最適な環境です。








フィリピン留学が人気を集めている理由とは?? フィリピンの語学学校


フィリピン英語留学に関するQ&A 留学先への航空券などの手配に関して



欧米留学に比べて、リーズナブルな留学が可能である
一般的な欧米留学などに比べ、フィリピン留学は掛かる費用が安く、1週間からの受講が可能であるため、手軽に英語に触れられる環境が整っています。
欧米留学とは違いビザ取得に掛ける余分な時間や費用も必要なく、留学可能なことが人気の理由でもあります。また、欧米留学では教師に掛かる人権費が高いため、学校の授業料も高くなってしまいますが、フィリピンでは、物価や人権費が欧米ほど高くないため低コストでの留学を可能にしています。

【各国の1ヶ月の留学費用(目安)】 
アメリカ    25〜35万円
オーストラリア 22〜28万円
イギリス    28〜35万円
フィリピン   11〜18万円
英語人口世界3位
現在、フィリピンの人口は9000万人と言われており、彼らの公用語は英語とタガログ語ですが、タガログ語が公用語といっても地方では全く違った言語が話されており、フィリピンでの英語は多言語をまとめる共通語の役割があります。小学校から大学まで公式的な言語として授業でも使われており、公共機関、教育の場、印刷出版、メディア、そしてビジネス場面などでも英語が主流で街中には英語が溢れているため、英語習得の環境として適した場所なのです。
また、各学校の講師は、TESOL*取得者も多く、高水準の指導力により満足度の高い留学が可能になります。

*Teaching English to Speakers of Other Languages
英語を母国語としない人たち向けの英語教授法
マンツーマン主体の授業スタイル
フィリピン留学では、マンツーマンレッスン主体の授業スタイルが最大の特徴です。多くの学校では一日4〜6時間のマンツーマンレッスンが行われており、グループレッスン主体の欧米留学と比べても一日の会話の量が大きく違い、日本人留学生にとってレベルアップ出来る最適な環境になります。
日本から身近な英語留学圏
今では日本からもっとも身近な英語留学先として注目されている
フィリピン。
日本からフィリピンへは、飛行機で約4~5時間程の距離にあり、
アメリカなど他の英語圏と比べても身近な留学先です。



現在マニラへは、成田・羽田・大坂/関西・名古屋/中部・福岡の各空港から就航しています。
復路変更可能な航空券、購入後の日時変更が出来ない分格安な航空券など、
お客様のご予算や条件に合った航空券を手配いたします。
また、地方からのお客様には、出発日や帰国日に合わせて宿泊手配も可能です。


留学中の病気やケガ、持ち物の盗難や破損などの様々なトラブルに備えて、保険に加入することをお薦めします。
弊社では滞在期間に合わせた保険をご用意しています。